え、これがトヨタの車?その名は…

トヨタのセラ、という車をご存知でしょうか。
1990年に発売された車で、一番の特徴は所謂
ガルウィングドア(厳密にはバタフライドアと
いうらしい)という上にあがるドアでした。
当時も今もトヨタのイメージは品質が良くて
堅実、というものですが、セラはそのイメー
ジにはそぐわない、「トヨタらしくない」車で
したね。発表され発売が開始されてすぐに購
入を決意し、懇意にしていた営業さんに注文
しましたが、やはり人気があったらしく、場
合よっては半年待ちくらいに…といわれまし
たが、営業さんが努力してくれたおかげで3ヶ
月待ちで購入することができました。
車を購入した人なら分かると思いますが、納
車直後はガソリンがあまり入っていません。
当然給油するためガソリンスタンドに行くわ
けですが、ガソリンスタンドでバイトしてい
た若い男性が、「ドア開けてもらっていいです
か?」といってきました。微かな優越感に浸り
つつドアを開けると感動(?)の表情。
それ以来道行く人や、対向車皆が注目してる!
とバカな勘違いをした時期もありました。
ただ、いいことばかりではありません。時々母
を乗せて買い物の足に使われたり、病院等の送
り向かいをするのですが、母は車内からドアを
開けられませんでした(意外と重い)。
また、セラは天井もガラス張りなのが特徴なの
ですが、当然夏は暑く、結局車内から専用の天
井板を設置して、それを外すことはありません
でした。セラは”面白い車”ではありましたが、
車の特徴が私にとってはそのままデメリットに
なってしまい、車検を通すことなく手放すこと
になりました。でも、決して忘れることはない
車なのは間違いありません。最近の流行りは車買取札幌で色々な車買取情報を見ることですが、今度また貯金をして車を購入したいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です